複勝転がしブログ 【複勝塊魂】 

競馬の複勝転がしで、転がして転がして転がし倒すブログ 

 
複勝勝負をする人の多くは、1.1~1.2倍の低配当馬券、いわゆるガチガチ馬券を買いません。理由はリスクの割りにリターンが少ないからです。でも本当にガチガチ馬券を見捨ててしまってもよいのでしょうか?JRAプラス10を有効に利用する手段はないのでしょうか?・・JRAプラス10をうまいこと利用できないかを検証したい、ガチガチ馬券でも大きな利益が得られることを証明したい、そんな思いから「複勝転がし」というツールを使って実践記録を綴っています(・ω・
 ◎アンケートへのご参加・ご協力をお願いします!(右記広告下のコンテンツ)
   お題 「複勝転がしで勝負したらダメな条件は?」
   ※直感的にリスクが高いなと思ったものを選んで頂ければと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
今更ですが、当ブログで複勝転がしをしている目的について触れたいと思います。
最初っから書いとけよ、とお叱りを受けるかもしれませんが・・(^-^;;;

馬券を購入する目的は、「お金を増やすこと」「利益を得ること」といって十中八九間違いないと思います。では、競馬予想をブログで公開する目的は・・・?人それぞれ違うと思います。ぱっと思いつく感じだと以下のような目的があります。あまり考えずに羅列しているので内容がかぶっていると感じられるものがあるかもしれませんがご容赦ください。。

(a)日記風に自身の予想や収支を公開しておもしろおかしく伝えたい
(b)的中馬券自慢(自身の予想力を伝えたい)
(c)特定の券種、馬券術で挑戦する様を伝えたい
(d)自身の予想に価値をつけてたくさんの人に見てもらいたい
(e)投資として利益が得られることを伝えたい・共有したい
(f)副収入が得られることを伝えたい・共有したい
(g)馬券術の研究・検証過程や結果を伝えたい
など・・(競馬予想に限らずブログ全般にあてはまる目的(広告収入、アフィリエイトなど)についてはここでは割愛します)

目的は一つとも限らず、掛け合わせだったりすると思います。
これを踏まえて、当ブログの目的を書かせてもらうと・・

◎ガチガチ馬券を駆使しつつ、少額スタートで複勝転がしをして、
 資金を増やしていけるかを検証したい
 (資金が増やしていけることを証明したい)


前述のパターンで言うところの(c)(g)あたりに該当すると思います。
では、
 1.なぜ「ガチガチ馬券を駆使」するのか
 2.なぜ「少額スタート」なのか
 3.なぜ「複勝転がし」なのか
この3つの理由についても述べたいと思います。

1.なぜ「ガチガチ馬券を駆使」するのか
 →ガチガチ馬券で勝負しても利益が出せることを証明したい
 →ガチガチ馬券で勝負する人が少なく、情報発信することに稀少価値があると思ったから
ここで言うガチガチ馬券とは、1.0~1.2倍の低配当馬券を指します。2008年から導入されたJRAプラス10によりガチガチ馬券でも多くの場合は元返しとならず、1.1倍の利益を得られるようになりました。この新ルールを使って利益を得られるのでは?という思いが生まれました。早速、ネットで同じような考えを持つ方のホームページやブログを調べてみましたが、JRAプラス10を利用した馬券術でバリバリ勝負している方は少数派でした。というより当時探した限りは見つけられませんでした。。JRAプラス10の説明をしている方やその傾向を分析している方はいましたが・・。ここに稀少価値を感じてブログをやろうと発起しました。なので当ブログをはじめたきっかけは、JRAプラス10にあると言えます。

2.なぜ「少額スタート」なのか
 →初期資金が少ない方でもチャレンジできるため
 →馬券術や投資としての優位性を証明できるため
JRAプラス10を使った馬券勝負をする=必然的に複勝勝負をメインとした買い方になります。複勝は最も低配当な券種です。JRAプラス10を駆使するとなると基本、1度の勝負では投じた1割の利益しか得られません。(投資の視点で見た場合、「1割の利益しか」という表現は妥当ではないかもしれませんが)なので大きな利益を求めようとすれば、1度に投じる資金を増やす必要があります。ですが、万人が大きな資金を持ち合わせているわけではありません。少額で始めたいというニーズは必ずあるため、それを前提にしたかったというのが理由の一つです。また、少ない資金で始められることが証明できれば、馬券術として、投資として優れた手段であるといえます。それを証明したいというのが二つ目の理由になります。あとは自身の持ち合わせ資金がない、というのも十分な理由かもしれません(^-^;

3.なぜ「複勝転がし」なのか
 →転がしには、少額スタートでも大きな利益を生み出せる爆発力があるため
 →連チャンという勝負の流れを利用したいため
複勝転がしがその他の買い方・馬券術より優れているから・・ではありません。そもそも、競馬で利益を得るための最適な手段が何かを追求したことがないので最適な買い方を知りません。「最適」の定義付けによって手段も変わってきそうです。
ではなぜか。
理由は至ってシンプルです。少額スタートだからです。資金を増やせることを証明したい→どこまで資金を増やせれば証明できたと言えるか?これは感覚で語るしかないですが、個人的には、少額を帯封(100万円)まで増やせれば資金が増やせた証明として十分と考えています。帯封は馬券を買う人のある種のステータスにもなっています。ただ、前述の通り、複勝勝負には爆発力がありません。爆発力を高める手段は転がししか思いつきません。なので転がしという手法を選択しました。あと、勝負ごとの流れにあやかりたいというのも理由の一つです。ややオカルトな考えですけど(^-^;
競馬以外に麻雀やスロットの経験があるんですが、どちらも連チャンしたときのパワーは強烈です。まさに手がつけられない状態です。特に最近のスロットにはART継続率なるものがあり、90%前後の継続率が確定すると、何十連チャンという異常な爆連を引き起こします。(もちろん機種にもよりますが・・)競馬でも的中率を90%前後に持っていくことで爆連することがあるのでは、と半分本気で期待しています。ちょっと大げさな話になりましたが、競馬も勝負ごとなので流れやツキは必ずあると思います。流れの存在を否定せず、活かすことができればゴールへの到達が早くなるのではと考えています。

-------------------
長々と書きましたが、以上が当ブログの目的です。
目的を果たす道は長く険しいですが、継続は力なり。続けることに重きをおきつつ・・。まずは的中率をあげていかないとダメですね。85%くらいには持っていかないと厳しい感じです。的中率85%を直近の目標に掲げて頑張りたいと思います。

スポンサーサイト
2010.06.01 Tue 21:22
自分なりの転がしの買い目鉄則です。
本記事は、実践結果をベースに都度メンテしていきます。

<買うべからずパターン>
【レース選び】
・未勝利戦(当面買わない)
・東京ダート2100m

【馬選び】
・前走から300m以上の距離延長
・前走、前々走ともに4着以下
・内枠の差し馬または追込み馬
・距離未経験(経験済距離範囲を300m以上超えるもの)
・初騎乗(※1)

 ※1.該当馬において別の騎手が初騎乗で連対経験している場合はOK

【その他】
・1日で複数レースを買う際に途中で外れたときは予定していた残りのレースは回避する

<要注意条件>
本条件にあてはまる場合は、その他のマイナス材料がない場合のみ購入する
【レース選び】
・東京芝コース(紛れが多い)
・ハンデ戦
【馬選び】
・差し馬または追込み馬
・コース未経験

-----------
■編集履歴
2010/04/24 新規作成
2010/04/25 追記
2010/05/28 追記
2010/06/09 編集


2010.04.25 Sun 10:17
以前、レース・狙い馬の選び方について少し触れました。
前回から少し整理を進めたので改めて掲載したいと思います。

まず、複勝の的中率を高めることを考えたとき、以下2点を考慮すべきだと考えています。
・4着以下になる可能性が低い馬を探す
・3着以内に入る可能性が高い馬の少ないレースを探す

自身の勝負レース&狙い馬決定プロセスですが、
上記を踏まえた上で、以下4つの要素から、総合的に判断していました。
(改めて考えてみると頭の中でこういう判断をしていました(^-^;

 1.レースを決める
 2.狙い馬を決める
 3.複勝圏に入着する可能性が高いライバル馬の数を見る
 4.未知数の高いライバル馬の数を見る

まず1と2でレースと狙い馬を決めます。
その後、3と4の状況を見て、勝負決行の判断をします。
1と2は比較的すんなり決めることができますが、3と4が中々難しいです。
少頭数のレースを選び、安定度抜群の馬を選んだとしても、
狙い馬と同等か、それ以上に能力の高い馬が3頭いたら、
その時点で的中の可能性は下がってしまいます。
また、未知数の高い馬が3頭いるだけでも、
そのレースで勝負するのがリスキーだということになります。
未知数の高い馬とは、初芝(初ダート)や、初距離、
長期休養によるパワーアップ、実力馬の復帰戦などのことです。

このため、ライバル馬の状況分析精度が、的中率に大きく影響すると考えています。

上記1と2の指針・判断基準をまとめてみました。
まとめてみたものの、かなり曖昧です(^-^;
メモ程度の内容なので参考程度に見て頂ければと思いますm(__)m
肝心の3と4もまとまり切っていないので次回に整理したいと思います。

1.レースの決め方
 ■除外条件
 ・未勝利戦、新馬戦、障害戦は除外
 ■プラスポイント
 ・少頭数レース
 ■マイナスポイント
 ・ハンデ戦
 ■考慮しない点
 ・牝馬限定戦

2.狙い馬の決め方
 ■除外条件
 ・前走、前々走ともに4着以下
  (理由が明確な場合は例外扱い)
 ・初芝(初ダート)
 ■プラスポイント
 ・成績が安定している
 ・前走、前々走のレース内容がよい
 ・コース、距離成績がよい
 ・現級据置き
 ・降級1、2戦目
 ・騎手成績がよい
 ・ハンデ戦で斤量が軽い
 ■マイナスポイント
 ・昇級戦
 ・休養明け(鉄砲成績が良ければ問題なし)
 ・前走、前々走のいずれかで4着以下
 ・馬体重の増減が大きい
 ・大幅な距離延長、距離短縮
 ・ハンデ戦で斤量が重い
 ■考慮しない点
 ・調教の良し悪し
 ・パドック

長々と書きましたが、未勝利戦を勝負対象に入れることができないかを現在検討しています。
未勝利戦は未知数の高い馬が多いことを理由に避けていますが、
未知数の高い馬が不在で、かつ安定した成績を残している馬がいれば、
勝負できるかもしれません。
別途傾向・実績を調べてみたいと思います。


2009.10.12 Mon 20:03
今日は、転がし馬券の買い方について少しご紹介したいと思います。
大したこだわりはありませんが。。

まとめるのが下手なので、
とりあえずブレスト風に箇条書きで書いてみました。
(プチ分類だけしてます)
整理できたら、またきちんと書こうと思います。

 ●まずは新聞を買う(競馬ブック一筋)
 ●捨てる
  ・未勝利、新馬、障害はレース選択から除外
  ・休養明けの馬は買わない
  ・前走からの極端な距離延長・短縮馬は避ける
 ●さがす
  ・ぐりぐり馬をさがす
  ・安定した成績の馬をさがす
  ・降級馬、現級据え置き馬をさがす
  ・得意距離・得意コースの馬をさがす
  ・先行馬をさがす
 ●1.1倍でも気にしない
 ●調教の良し悪しは気にしない(正確には見てない)
 ●パドック・返し馬は観ない
 ●買いたい馬がいない日は買わない


あと、1800Mのレースはダート、芝関わらず、
比較的当たりやすいような気がします。
(レース数が多いだけかも?)

「こういう馬は買っちゃダメ」
「こんなレースは買うな」
という鉄則?の手持ちはなるべく増やしていきたいです。

皆さんのこだわりや実戦で得た経験などあれば、
是非ぜひご意見ください。お待ちしていますm(__)m

ちなみに上記は、馬券の買い方についてでした。
転がしの続け方(どこまで転がすか、全額ペイするか部分ペイするか、など)
についてのこだわりも追々ご紹介したいと思います。

2009.09.22 Tue 21:44
プロフィール
Author:ダスカ
ブログ開設日:2009/9/19
2010年目標:年間的中率 85%
   ‥プロフィール続き
転がし相性 2010/6/3現在
 【コース相性】
  京都芝 19戦17勝(89.5%)
  ×東京芝 16戦10勝(62.5%)
 【騎手相性】
  安藤勝 14戦14勝(100.0%)
  ×横山典 6戦1勝(17.0%)
 【距離相性】
  1600m 14戦13勝(92.8%)
  ×1800m 43戦30勝(69.7%)
   ブログアクセス数&ブログお値段

 
ブログ内検索
Google
最近アップした画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。